FC2ブログ

『こころ』両親と私(一)

『こころ』両親と私(一)


《「卒業が出来てまあ結構だ」》と繰り返す父。私はその無知と田舎臭さに不快を感じた。そして《「大学ぐらい卒業したって、それほど結構でもありません。卒業するものは毎年何百人だってあります」》と、私は《ついにこんな口の利きようをし》た。すると父が変な顔をした。父は「なぜ卒業を結構だと思うのか」の長い説明をしている。

《「つまり、おれが結構という事になるのさ。おれはお前の知ってる通りの病気だろう。去年の冬お前に会った時、ことによるともう三月か四月ぐらいなものだろうと思っていたのさ。それがどういう仕合せか、今日までこうしている。起居に不自由なくこうしている。そこへお前が卒業してくれた。だから嬉しいのさ。せっかく丹精した息子が、自分のいなくなった後で卒業してくれるよりも、丈夫なうちに学校を出てくれる方が親の身になれば嬉しいだろうじゃないか。大きな考えをもっているお前から見たら、高が大学を卒業したぐらいで、結構だ結構だといわれるのは余り面白くもないだろう。しかしおれの方から見てご覧、立場が少し違っているよ。つまり卒業はお前に取ってより、このおれに取って結構なんだ。解ったかい」》

父の言うことは最もである。全く正当で、全く自然な感情である。どこにも間違いはない。しかし思想の世界に生きる人間にとって、人の生き死になんてどうでもいいことである。思想の世界に生きる人間は思想だけを尊敬し、人の生死を含むあらゆる世俗の雑事を軽蔑する。先生はもし私の父から同じようなことを言われていたらさぞ嫌な顔をしていたことだろう。しかし私の場合は父の話を聞いて《私は一言もなかった。詫まる以上に恐縮して俯向いていた》と告白している。これは私の能力がまだ先生ほど高くはないからである。私の能力が高くなれば父のこのような下らない長話を簡単に否定することができるだろう。


ーーーーーー


上記のようなことを書くと父の心情を否定する薄情者に思われるかもしれないが、思想というものはあらゆる世俗的な物を払拭した、限りなく純粋なものでなければならない。思想には世俗的な曇りが一点も混じってはいけない。思想は普遍的でなければならない。どれほど切実であろうが個人の心情が思想に混入してはいけない。樋口一葉は『にごりえ』で酌婦の壮絶な苦しみを描いたが、最後はその苦しみを否定して、普遍的な思想の世界に入っていく決意をした。漱石、一葉、そして二葉亭四迷のような日本の天才たちや、またゲーテやモリエールやシェイクスピアのような天才たちも思想から世俗的な異物の混入を払拭し純粋な思想の形成を目指した。『こころ』において漱石は人間の心を思想の世界に生きる心と世俗の世界に生きる心の二つに分けており、先生を完全に思想の世界に生きる心として描き、私を中間に生きる人間として描いている。私は中間に生きながら停滞することなく思想の世界へと順調に移行(成長)して行っているように見える。私は今こそ父の長話に恐縮してしまっているが、やがて父の長話を簡単に否定できるようになるだろう。それほどの大きな才能と可能性を私は秘めている。

スポンサーサイト
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村

テーマ : 夏目漱石
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

日めくり・ねこ時計
プロフィール
ブログタイトルは夏目漱石の「黙々として牛の如くせよ」から。

野間

Author:野間

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jpアソシエイト
フリーエリア
読書記録
野間の今読んでる本
管理人の電子書籍
お小遣い稼ぎ
ネコ図鑑
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる