FC2ブログ

『こころ』は全ての始まり

「夏目漱石『こころ』の賞味期限は切れている。なぜなら…」
https://www.huffingtonpost.jp/2018/01/20/love-and-books-2_a_23278072/
《「こころ」が教科書から消えて、ホストクラブが今の競争システムをやめる。男性がマウンティング中心の男社会の夢から覚めて、女性を対等な存在として認識する。そんなことが実現した時、日本人はもっと健全で新しいジェンダー観を手に入れているのではないでしょうか。》


男社会が健全化されるのも、女性と男性が対等になるのも、新しいジェンダー観を手に入れるのも、漱石の『こころ』が必要になる。『こころ』には全ての思想や価値観を培う思想が含まれている。『こころ』の思想を理解しなければ新しい思想や価値観は形成されない。賞味期限は切れているどころかこれからますます必要になって来ている。ファシズムの根絶も新しい道徳観の形成も国民精神全体の向上も『こころ』の理解にかかっている。『こころ』を理解しなければ何も始まらない。
スポンサーサイト
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
にほんブログ村

テーマ : 夏目漱石
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ブログタイトルは夏目漱石の「黙々として牛の如くせよ」から。

野間

Author:野間

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon.co.jpアソシエイト
フリーエリア
読書記録
野間の今読んでる本
管理人の電子書籍
ネコ図鑑
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる